From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドコンピューティングの今後を予測する
クラウドコンピューティングが話題になっている。

現時点で、クラウドコンピューティングのプラットフォーム提供のメジャープレーヤーはAmazon, Google, Salesforce.comの3社だろう。これらはそれぞれアプローチが違っていて、
・既存のOSが動く仮想マシンを中心として、ストレージ、決済、コンテンツ配信ネットワーク等のクラウドアプリケーション構築に便利な機能を続々提供しているAmazon
・BigTable、MapReduce等、検索エンジンの実装に使っているインフラをベースに、これまでのコンピューティングモデルとは一線を画すアーキテクチャを提供しているGoogle
・企業向けアプリケーションプラットフォームの提供にフォーカスしているSalesforce.com
という分類になる。

# ちなみに、IBM等既存のサーバーメーカーはAmazonに近いモデルと思うが、周回遅れになっているし、既存のミドルウェアのビジネスモデルが障害となって、競争力が無い状態と思われる。

現在、これらのモデルのどれかがメジャーになるのか、またはこれ以外のモデルが出てくるのかはわからない。しかし、クラウドコンピューティングが普及するためのキーとなる動きとして、「セカンドソース」の登場が想定される。

ユーザーの立場としては、これらのいずれにしても一社依存になるのはリスクが高く、好ましくない。
パソコンも当初は独自アーキテクチャが乱立したが、結果的に現在のPCアーキテクチャが発展したのは、(意図したかどうかにかかわらず)DOS-V・Windowsといった、共通ソフト基盤が登場したことが大きかったと認識している。

公認・非公認にかかわらず、セカンドソースが登場したアーキテクチャが真のクラウドコンピューティングプラットフォームの勝者になると予想する。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://westfield.blog54.fc2.com/tb.php/56-553d8d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。