From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろできるSEは必要とは思うが
日経BPのITProに“ポリバレント”なシステム・エンジニアが育っていますかという記事が掲載された。いろいろな職務を経験していたほうが良いのは理解できるが、下記のフレーズが気になった。

若年層の社員を対象に実務経験の棚卸し調査を実施したところ、「入社から5年間、製造テストしか担当していないSEがいることが判明した」(人事部人財開発担当の上原智課長)。

 当該SEは、テストのスペシャリストとして現場で重宝されていたという。しかし、「そのままでは(当該SEの)活躍の場が広がらない。入社5年目までに開発工程全般を一通り経験した上で、得意分野を2つ、3つと増やしていってほしい」と上原課長はCDPベーシック制度の狙いを語る。


現場で重宝されていたほどのテストエンジニアならば、それは「活躍が広がらない」とは思えないのだが。特定のアーキテクチャのシステムのテストしかしていない、とか単純なテスト作業しかさせていない、というのであれば、問題とは思うが。それならばテスト以外の業務を経験させるよりは、いろいろなアーキテクチャのシステムのテストをさせる、といった方向に得意分野を広げさせても良いのではないだろうか。

でも、元の記事の例は、きっとテストの単純作業ばかりさせていた、という例なんだろうな。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。