FC2ブログ
From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wordを使うのが悪いのか、Sunを使うのが悪いのか
とあるサイトの管理者からクレームがあった。
「Word文書をサイトにおいているが、このWord文書を表示させた後に、ブラウザーの戻るボタンを押すと、数十秒またされる。なんとかしてほしい。」

戻るボタンを押して、なんでサーバーが関係あるんだ?と思ったが、社内(Proxy経由)では再現しないが、インターネット直結環境では確かに再現する。

そこで、Vistaトラブルの時にも活躍したWiresharkをインストールして、パケットキャプチャしてみた。すると、「戻る」ボタンを押すと、
PROPFIND /path HTTP/1.1
というリクエストが出ている。これはWebDAVのリクエストのようだ。

問題は、現在使っているSun One WebServer 6.1は、このリクエストが来ると、だんまりを決め込むことだ。501 Not imprementedを返してくれれば良いのだが、だんまりのため、TCPタイムアウトまでブラウザーは待ってしまう。

インターネット上でWord文書を使うのが悪いのか、SunのWebServerが悪いのか... まあ、これはだんまりを決め込むSunが悪いな。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。