From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にe-Taxを使わせるには
今日、税務署から「e-Taxのご利用のお願い」という手紙が届いていた。

e-Taxとは確定申告を電子的に済ませることができるためのシステムだ。オンラインで申告が完了するわけだから便利そうだが、それを可能にするまでが長い。

まずは利用申し込みをオンラインで行う。するとソフトウェアの入ったCD-ROM(Webからのダウンロードも可能とのこと)と識別番号、暗証番号が届くので、インストールする。ここまでは良いのだが、実際に使うためには電子証明書をインストールしなければならないらしい。

その電子証明書は、いろいろ民間からも取得できるようだが基本的には住民基本台帳カードをベースとした電子証明書を取得することを想定しているようだ。他にもルート証明書のインストールがどうの、といろいろ面倒そうだ。

たかだか年1回の申告のためだけに、このような面倒な作業をすることもわずらわしいのに、電子証明書の取得のための手数料として1000円から1500円、さらに証明書のインストールのためにICカードリーダーを購入しなければならず、それが3000円から3500円とのことだ。つまり4000円から5000円かかることになる。

それだけ手数料をかけるくらいだったら、朝ちょっと早起きして、税務署によって提出してきたほうがよほど面倒がない。

以前、オンラインクレジットカード決済のためにはSETという仕組みをインストールしなければならない、という時代があった。10年近く前のことだ。電子納税申告の状況は10年遅れているということになる。

私がe-Taxを使うとしたら、せめて使うための費用が1000円を切るくらいに簡素化されないと使わないだろう。

スポンサーサイト
JAAA クロスメディアセミナー
JAAA クロスメディアセミナー

11月30日に開催された、日本広告業協会主催の、クロスメディアセミナーに参加した。

私はGR BLOGの事例を紹介したのだが、もう一つの事例である、松下電器 オキシライド乾電池の事例や、Sony erricsonの携帯電話、W41SのプロモーションでDef Techの同時多発ライブを実現した例、など非常に面白い事例が聞けて、非常に参考になった。

パネルディスカッションのモデレーターの西田編集長率いるCNETにもレポートされたので、そちらも参照してほしい。

GR Digital Perfect Book Vol.2も発売になった。コンパクトデジタルカメラで、発売後1年経って続編が出る、というのは嬉しいものだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。