FC2ブログ
From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITベンダーを責めるにしても、比較対象がおかしい。

日経BPのITproに、JTB情報システムの佐藤正史氏が、このように書いている。
 ITの仕事をずっとしていると、こうした恐ろしい状況に慣れてしまいかねませんが、IT産業以外に目を向けて見ましょう。私達ユーザーは、自動車を買う場合、その車がカタログ性能どおりに動かないということを心配する必要はありません。ましてや、納入された車のキーを回して、エンジンがかからないなんてことは想像もしませんし、実際そうしたことはまず起こらない。100万円で契約した車が、途中で200万円になったり、1000万円になったりするなんてことは考えもしませんし、そんなことは絶対にない。車のような完成製品ではない例ではどうでしょう。注文住宅の契約後に「引渡し日が1年以上遅れる」とか、土台ができたばかりの段階なのに「完成費用が当初の倍に膨らむ」と通告されることもまずありません。
真髄を語る 経営者がITを理解できない本当の理由
前から、このような比喩を用いる人がいることが気になっていた。このような比較をされては、ITベンダーがかわいそうである。

企業の情報システムの構築の場合、出来合いの自動車と比較するのではく、F1のようなレーシングカーと比較するべきだ。レーシングカーはレースに勝つことを目指して設計されるわけで、実際に設計して走らせたら目的の性能が出ない、ということは良くあることである。

家と比較するならば、注文住宅で土地だけあって、ラフなパースを書いた段階で、完全な費用見積もりを出せ、と要求するようなものだ。

自動車も、家も設計フェースの後に製造フェーズが入る。しかし、ITシステムの多くはほとんどが設計フェーズで、製造というフェーズがない。製造業でも建築業でも、費用がある程度読めるのは製造フェーズで、設計フェーズではない。

本記事の、「ITベンダーはプロを名乗るには未熟な場合が多すぎる」という論点には同意するが、といって企業の情報システムの場合はITユーザ(発注者)側も、ITについて勉強するべきである。本記事でも、ITユーザーは納品物のテストのスキルは持つべきといっているが、ITの知識無しでテストだけできる、というのはありえない。




スポンサーサイト
朝日、毎日新聞の組閣報道記事にがっかり
今日、安部政権が誕生した。

今回の組閣の注目ポイントの一つに、参院自民党の推薦する議員がそのまま大臣に就任するのか、というのがあったわけだが、結果として推薦どおりとなった。今後、参院議員候補の差し替えを狙っているようなので、ここでは無難に推薦どおりにしたのかなと予想する。

というのは良いとして、朝日新聞の速報記事で、出身派閥の記載はあっても、参院かどうかの記述はなかった。読売新聞や産経新聞、日経新聞はちゃんと参院であることの記載があった。驚いたのは毎日で、22時44分時点で、大臣一覧が見当たらない。大臣インタビュー一覧はあるので、だれがどの大臣になったのかはわかるが、出身派閥、参院・衆院の別は、わからない。

それでなくても一次情報についての新聞の価値が問われている現在、一次情報さえちゃんと伝えられないWebサイトを運営している2社は、今後大丈夫なんだろうか?
  generated by feedpath

Yahooの戦略を聞いてきた
9月15日から、第3期のWebマネジメントフォーラムがスタートした。
この日のメイン講演は、「ヤフーの次世代マーケティング戦略」 というこで、ヤフー(株)マーケティング本部 本部長 大蘿 淳司 氏 のお話を伺った。

# ちなみに、大蘿さん、今日(9月23日)放映のフジテレビ「くるくるドカン」にも出演されていた。最近の検索キーワードを話題とするトーク番組だ。きっと検索キーワード情報はYahooが提供しているのだろう。

よく知られているように、googleはサイトへの滞留時間を延ばすことより、適切なサイトを提示して、そちらに移っていただくというポリシーで運営され ているが、Yahooは逆で検索をきっかけとしてサイトに来てもらい、フリーコンテンツ参照で滞留時間を延ばし、Yahoo ID取得を働きかけ、最終的にオークションやショッピングへつなげる、というビジネスモデルを取っている。

企業サイトにおいても、サイトを見に来てくださる方に対して、より強固な関係に深めていくための仕掛けを用意することを考えているか、問いかけられていた。

検索というと、Googleというイメージがあるが、日本とアジア圏ではYahooの方のシェアがいまだに高い。この原因について質問したが、大蘿氏は「欧米のYahooでは、オークションやコマースが弱い」と分析されていた。それ以外にも、日本では「なにか面白いことはないかな」と、まずYahooを見る、というユーザがまだまだ多いことにも原因がありそうだ。

さて、今回体験参加していただいた企業は、どの程度正式参加してくれるだろうか。

  generated by feedpath

自分のWebサイトを整えた
私の場合、いわゆるWeb前からインターネットに関わっていたため、メールアドレス用に自分のドメイン(nishida.koganei.tokyo.jp)という、いわゆる地域ドメインを取って、IIJのUUCPサービスで電子メールを利用していた。まだ.comは北米の商用サイト、という認識が一般的だったため、nishida.comを取ろうという気にはならなかった。今は静岡県の「ニシダ株式会社」が使っているようだが、取ろうと思えば取れたんだろうなぁ。

nishida.koganei.tokyo.jpを持っていたおかげで、汎用JPドメイン開始時にnishida.jpの優先取得権を確保することができた。そのため、現在はnishida.koganei.tokyo.jpは廃止して、nishida.jpを運用している。こちらはNTT-PCのWebArenaを使ってメールやメーリングリスト、Webを利用している。

メールやメーリングリストはヘビーに使っているが、Webはほったらかしにしてあった。WebArenaサービスは、昔のサービスのためBlogサービスも無いし、いわゆるHTMLコンテンツをFTPでメンテナンスするしかなかったからだ。まったく紺屋の白袴という状態である。

最近、GIGAZINEフリーのWebデザインサイトの紹介があったのを機に、形だけでも整えようという気になって、最終的にはOpenWebDesign.orgに公開されていたデザインを採用し、下のようにした。
www.nishida.jp

単にこのBlogへのリンクしか無いが、さて、これによってBlogへのアクセスも少しは変化するのだろうか?
  generated by feedpath

函館赤レンガ倉庫とわたあめ製造機
函館山ロープウェイ駅から歩いて赤レンガ倉庫に到着。写真は例によってGR DIGITALで撮影。

赤レンガ倉庫は金森という倉庫業者の再開発でできた観光スポット。外見は昔ながらの赤レンガ倉庫で、中はショッピングセンターになっている。ここを中心に周辺にも観光スポットが集まって、良い感じになっている。

金森赤レンガ倉庫と、その内部。
赤レンガ倉庫
赤レンガ倉庫の内部

この赤レンガ倉庫の中で見つけた、わたあめ自動販売機。



赤レンガ倉庫のとなりの、函館西波止場と、その裏に広がる港。
函館西波止場
西波止場裏の港

こちらも赤レンガ倉庫近くのはこだて海鮮市場の中にある足湯。この海鮮市場にある回転寿司に入ろうと思っていたのだが、15:00を過ぎて一時閉店の時間に引っかかってしまった。残念。
赤レンガ倉庫近くの足湯

このあと、五稜郭タワーに登ろうかと思ったけど、時間がなくて断念。
帰りは函館から白鳥34号で八戸まで行き、そこからはやて34号で東京へ。
なかなか良い旅になりました。
白鳥34号
はやて34号



posted from フォト蔵
  generated by feedpath

函館の街歩き
函館山を降り、函館の町を歩く。写真は例によってGR DIGITALで撮影。

函館山ロープウェイの近くにある、水道局管理の配水場内の噴水と、水のみ場。
函館市配水場
配水場の水のみ場

石畳で雰囲気がある坂、チャチャ登り。
チャチャ登り

街灯にも、つたがからまり、なかなか良い感じ。
函館の石畳

昔ながらの日本家屋のお店。
レトロなお店
そのすぐ近くには、洋風のお店が。
すぐ近くの洋風のお店

重要文化財 旧函館区公会堂。
2006年 函館73

公園に数多く咲いていたハマナス。実はジャムにするとおいしいそうだ。
ハマナスの実と花

函館の有名なハム・ソーセージ店、函館カール・レイモン。ここの店内で焼きソーセージやホットドッグを食べることができる。
函館カール・レイモン

函館市、旧イギリス領事館。
旧イギリス領事館

二十間坂の上から海が見える。
二十間坂

合資会社 川越電化センター。単なる電気屋さんみたいだけど、レトロだよねぇ。合資会社川越電化センター


日本最初のコンクリート電柱。形が四角い。
日本最初のコンクリート電柱日本最初のコンクリート電柱

posted from フォト蔵
  generated by feedpath

函館山に歩いて登る
函館旅行レポート第4弾。写真はいつものようにGR DIGITALで撮影。

函館の宿は市内から路面電車で30分ほど行ったところにある湯の川温泉の旅館、「湯元 啄木亭」。 啄木亭
大沼公園から宿についたらもうへとへとで、温泉に入って、ご飯を食べて寝てしまった。函館の夜景観光をするならこの日しかなかったんだけど... まあ、天気もいまいちだったし、息子も将来彼女と来ればよいだろう。

翌日は夜景観光を断念した函館山へ。ところが息子が「歩いて登りたい」というので、暑いさなか、登山道を探して登った。
地図やガイドブックを見ても歩いて登るルートなんて載っていないが、ないわけなかろうとロープウェイ駅を過ぎて登ると、登山口を発見!函館山登山口
登山コース案内図
旧山道(新山道はきっと自動車道のことだろう)を使うと約2Kmの道程のようだ。

登山道には1合目、2合目とポールが立っている。そのポールの近くにはお地蔵さんが立っていることが多い。後から知ったが、これは函館山三十三観音というものらしい。1合目
2合目
5合目
7合目


息子も最初は元気だったが、登るにつれて疲れてきたようだ。しかし、なんとかがんばって登りきった。若干ガスが出ていたが、しっかり函館市内を見渡すことができた。2006年 函館108


帰りはロープウェイであっという間にふもとに戻った。2006年 函館114

posted from フォト蔵
  generated by feedpath

大沼国定公園で遊ぶ
SL大沼号に乗った後は、大沼国定公園で遊んだ。写真は例によってGR DIGITALで撮影。
大沼公園


大沼公園では、最初はカナディアンカヌーツアーを予約しようかと思っていたのだが、夜行列車でついた日にカヌー漕ぎはつらいだろう(まして、相方は小学生で当てにならないし)ということで、断念。特に計画も立てずに行った。

まずは概要をつかもうと思い、遊覧船に乗船。
ゆうらん船乗り場


そのあとは足漕ぎボート(二人乗り)で、湖を30分遊覧。その後、近くのレストランで食事をした。大沼公園広場近辺には、今回入ったレストランともう一軒くらいしかなかった。駅まで戻ればいろいろあるのだが、食後に島巡りコースを散歩するつもりだったので、近場で済ませることに。この写真はそのレストランの屋上(開放している)からの光景。
大沼公園前レストラン展望台から


食後は渋る息子をなだめつつ島巡りコースを散歩。最初は渋っていた息子も、歩き始めてしまえばこっちのもので、小山を登ったり、ケモノ道に分け入ったりしてはしゃいでいた。今回散歩したのはこの案内図右側の大沼コース。
大沼公園の案内図


このコースには島と島を結ぶ橋が沢山ある。この橋が一つ一つ形が違っているのが面白い。
大沼公園の橋1
大沼公園の橋2
大沼公園の橋3


さすがに、大沼コースを一周するとつかれてしまった。そのまま駅に向かい、ちょうど到着した函館行きの特急に飛び乗る。この特急はカーブで大きく左右にスウィングする。まるで振り子のようだと思っていたら、実際"FURIKO 281"というタイプの列車だった。
FURIKO281

posted from フォト蔵
  generated by feedpath

SL函館大沼号に乗る
北斗星で函館について、朝市で朝食を取る。せっかくなのでうに丼の専門店の「むらかみ」で「塩蔵うに丼」3,000円と奢る。
うに丼「むらかみ」
塩蔵ウニ丼
おいしかったが、「北海道の うに丼!」という感じのボリューム感には欠けた。もしかしたら、通常のうに丼2,100円のほうが、ボリューム感はあったのかもしれない。


9時52分まで時間をつぶして、SL函館大沼号に乗る。 子供はおおはしゃぎ、と言いたいところだが、夜行列車の疲れもあり、座席でうとうと。まあしょうがないか。
SL函館大沼号
このSLはゴールデンウィークと夏休みの土日祝日だけ走っている企画列車で、大沼公園から森駅、森駅から駒ヶ岳を回って函館に戻ってくるという経路。今回は森駅まで乗ることにした。
森駅

森駅は小さな駅で、森駅というわりには海に近く、森は近くに見当たらない。なぜ森駅なんだろう?
森駅の周りの景色

なんとなく、SLに長く乗っていたほうが良いかなと思ったので、森駅まで乗ったのだが、多くの人はその手前の大沼公園で降りていた。SLも中に乗っているときにはちょっと煙いくらいで通常の列車と差はないので、どうせまた列車で戻るくらいならば、大沼公園で降りても良かったのかもしれない。

posted from フォト蔵
  generated by feedpath

北斗星で行く函館
北斗星で行く函館
夏休みに、息子と二人で北斗星3号に乗って、函館に一泊(車中泊を入れれば二泊)旅行に行ってきた。 写真は例によってGR DIGITALで撮影。

北斗星3号は19時3分 上野駅発札幌行きの寝台列車。最初にチケットを手配した際は、通常の寝台しか取れなかったのだが、キャンセル待ちの結果、デュエット(差額無しで利用可能な二人用個室)が確保できた。残念ながら上段ではなく下段。当然ながら上段の方が眺めが良いらしい。

北斗星の食堂車
食堂車のディナータイムは予約制。今回は息子との二人旅のため、贅沢せずに駅弁で済ませてしまった(だって、ディナーメニューはフランス料理コース7,800円か、懐石膳5,500円なんだもの)。ディナーが終わるとアラカルト利用が可能なんだけど...

デュエット個室の内部
デュエット個室はこんな感じ。ちゃんと浴衣も用意されている。細かいところだけど、身だしなみのための鏡もある。突き出ているのは手すりで、座っているときには出して利用、寝るときには当然ながらたたんで使う。ちなみに、部屋の鍵はカードになっていて、持ち帰ることができる。

本州から北海道と言えば、やはり青函トンネルが見逃せない。青函トンネルを通るのは早朝4:30くらいなので、4時起きに備えて、携帯電話のアラームを仕掛けて早々に寝ることにする。とはいえ、やはり音と振動で、寝つきが良い私でもすぐには眠れない。

無事4:00過ぎに起きて青函トンネル入りを待つ。といっても、青函トンネル前にも短いトンネルが多数あるため、実際にある程度トンネルが続くまでは、これが青函トンネルだったんだ、というのはわからない。青函トンネルの青森側、北海道側それぞれ陸地と海の境界線に、海底駅というのがあるようだ。別ツアーで、ドラえもん列車で、この海底駅まで行って遊ぶ、というものもあった。今回は行かなかったけど。

函館を遠くに見る
青函トンネルを過ぎてしばらく行くと、進行方向右手に函館山が見える。今回はあいにくの天気で、雲が低い。

北海道区間用機関車
函館に着くのは6:34を予定していたが、若干遅れたようだ。北斗星は2度機関車が交換される。青森で一回、函館で一回だ。函館で交換するのは、電気駆動からディーゼル駆動(北海道は電化区間は少ないらしい)になるためだが、青森で交換するのはなぜだろう?やはりJR東日本とJR北海道の境界のせいだろうか。青森では寝ていたので交換したのはわからなかったが、函館では交換の現場も撮影。

青森→函館の機関車
こちらは函館に取り残された、青森から函館の機関車。

東京から函館に行きたいだけならば、時間的には飛行機にかなわないし、値段も標準運賃レベルではほとんど差がない。ということで、どんどん寝台列車は少なくなってしまっているわけだが、たまにはこういう道程を愉しむ旅も良いものだ。息子はこの体験を大人になっても覚えていてくれるだろうか...

posted from フォト蔵
  generated by feedpath



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。