FC2ブログ
From the west field
IT関連の話題を中心に、思うところを書いていきます。
プロフィール

西田 明宏

Author:西田 明宏
某IT企業にて、
技術企画とWebmasterの
2足のわらじを履いています。

社)企業研究会 Webマネジメントフォーラム幹事
財)インターネット協会 IPv6デプロイメント委員会 委員
twitter: nishida2

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

My blog worth?


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

どこから?

Map

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクも創業直後はガレージだった。
GIGAZINEに、ガレージから始まった企業について書いた記事があった。

この写真に写っているガレージが、8年前にGoogleの創業者が一番最初に借りたガレージだそうです。場所はカリフォルニア州メンロパーク。ここからすべてが始まったわけです。

というわけで、ほかにもガレージから始まった企業がないかどうかいろいろと調べてみました。

8年前、Googleはこのガレージから始まった
それで思い出したのだが、25年前のソフトバンク(そう、今携帯電話で話題の)は、市ヶ谷の車庫(というか、ガレージに使うことを想定した、ビルの半地下)にあったのだ。

今のソフトバンクしか知らない人は想像できないだろうが、もともとソフトのバンクというくらいで、ソフトバンクはパソコンのソフトウェアの卸業だったのだ。そのころのソフトというとPC8001とかMZ-80K用の、カセットテープに入ったゲームソフトとかが主流だった。

PCが売れればソフトも売れるということで、ソフトバンクはパソコン雑誌も出していた。Oh!PCとかOh!MZといった雑誌だ。その編集部は、ビルの半地下のオフィスで編集されていたのだ。

私はこれらの雑誌の創刊したての頃から係わっていた。今ではなつかしい思い出になっている。

  generated by feedpath

スポンサーサイト
私の原点

思い起こせば、私が今の職業につく、原点となったきっかけは、中学のころのNHKの電子工作番組だった。タイマーIC555を使った、風呂ブザーを作ったのがきっかけだ。

#多分、トラックバック先の番組を見たんだと思う。

その部品を買いに、初めて秋葉原に行った。そのころはプリント基板に抵抗器を密着させることも知らず、足を長く伸ばしたまま半田付けしてたなぁ。

そんな調子ではあったが、風呂ブザーは無事完成し、しばらく使っていた。
今の家の風呂は、ボタンひとつで必要な量だけお湯が入る仕組みになっており、そのような工作の必要もなくなってしまった。

今の子供はなにをきっかけに仕事を選ぶのだろうか?


  generated by feedpath



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。